角質培養

角質培養の方法を独断と偏見でまとめています。放置プレイで肌を育てて、毛穴や乾燥肌を克服し、エステ・高級化粧品に頼らない真の美肌を手に入れましょう。女性のナチュラルライフ情報も!

櫻田こずえのスキンケア★2015年版

      2015/10/26


先日スキンケアに関するご質問を頂いたので、
お返事を書いていたら長くなってしまったので記事にしてみました!

ずーっと更新していなかったこのブログに、
更新の機会とネタを下さって、ありがとうございます★すみません・・・。
そして、これを機会に、古い記事を加筆修正したいと思っています。
ちょっと古くなってしまっている情報もあるかと思うので。

さて、これが使っているスキンケア製品オールスターズです。

oteire153.jpg
左から、

・now:ホホバオイル→購入サイト(5本以上リピ中)
・サッポー:クレンジングレポ サッポー購入サイト (何十本買ってるのかな・・)
・シェルシュール:エッセンシャルモイスチャライザーLXレポ購入サイト
・シェルシュール:モイスチャークレンジングジェルJレポ購入サイト
・シェルシュール:モイスチャーマトリックスUVレポ購入サイト
・シェルシュール:モイスチャーマトリックスNレポ購入サイト (3,40本は買ってるはず・・・)
・シェルシュール:シーバムクリームWレポ購入サイト
・なちゅRe:NO.3:アクアパックレポなちゅRe:NO.3 アクアパック購入サイト(美肌切り札?)・なちゅRe:NO.1:アクアクリーナーレポなちゅRe: NO.1購入サイト
あ、ワセリン忘れてた!
propetomatsuri.jpgボディーにも使うので、500g買ってます。

あー、同じのないけどこれ。
                                                                                       

これを毎日全部使う訳ではなく、
その日の肌の状態やお手入れの内容によって変えます。

ちなみに、これだけでも生きて行ける!と厳選するならば、

・モイスチャーマトリックスN
・サッポーのクレンジング
・ワセリン


ですね。


■ 朝のスキンケア

oteire151.jpg
洗顔:なちゅRe:NO.1 アクアクリーナー


ずっとぬるま湯洗顔派だったのですが、
落とし過ぎは悪い!から、落とさな過ぎもねぇという、
揺れる乙女心の結論がこれです。

乳化剤、洗浄成分としての界面活性剤は入っていませんし、
オイルフリーですので、油分を落とす力はほとんどありません。
それより、これをクッションに軽くマッサージして汚れを絡めとり、
ぬるま湯洗顔のぬるま湯の力で多少油分を落とす、程度だと思っています。

ぬるま湯洗顔の時のクッションの役割をしてくれて、
ついでに汚れも落とす、的な認識です。

保湿:シェルシュールモイスチャーマトリックスN

もう、これ以上何を語れというのか良く分からない、
3、40本使っている低刺激で油分の少ない高濃度セラミド美容液です。
櫻田のアトピー顔を、薬から救ってくれた美容液です。

UVケア:シェルシュールモイスチャーマトリックスUV

もちろんウォータープルーフではありませんので、
朝の通勤時間程度しかUV効果はないと思います。
ランチに外に出るならば、塗り直しかUV効果のあるファンデ重ねが必須です。
そして、日が落ちてから帰りましょう(笑)


■ 夜のスキンケア

メイクの重さと肌の炎症度、乾燥度、気分で使い分け、組み合わせます。

oteire152.jpg
アイメイク:ホホバオイル
顔全体:サッポークレンジングレポ
顔全体:シェルシュールモイスチャークレンジングジェルJレポ

濃いアイメイクはお風呂に入る前にホホバで落とします。
たっぷりつけて軽くマッサージし、擦らないでティッシュオフ。
非接触生活な方は、手ぬぐい等を使うのも良いのかもしれませんね。

お風呂に入り、サッポーは顔全体に馴染ませて、軽くマッサージしてから、
ぬるま湯で落とします。普段はこれで終了です。

クレンジングした後に洗髪(湯シャンですが)するので、
さらにサッポーのクレンジング剤が落ちているかな。

さっぱりしたい時はサッポーではなくて、クレンジングJを使ったり、
サッポー+Jを部分的に使ったりします。

ちなみに、お風呂から出た後に化粧が残っていることが発覚した場合、
サッポーのクレンジングをちょっとつけて、
それを手ぬぐいで拭って終わりです。


★ なぜサッポー+なちゅRe:NO.1にしないのか

クレンジング後にクレンジング剤を落とすためにも、
なぜNO.1のアクアクリーナーを使わないのかな?
というようなご質問を頂いたので。

まず、なちゅRe:NO.1は洗面所にあるので移動が面倒というのが本音です、はい。
さらに、使わなければ節約にもなりますし(笑)

いや、一応建前もあります。

なちゅRe:NO.1は水溶性です、油分を落とす力はあまりありません。
そういう「界面活性剤的力ありません度」が、
サッポーもなちゅRe:NO.1も同じ感じがするので、
サッポーのクレンジングクリームを落とすのになちゅRe:NO.1を使う必要もないかなと。

なちゅRe:NO.1は、その洗浄力そのものより、
ぬるま湯洗顔中にクッションの役割を長くしてくれるので、
肌を擦らず、ただのぬるま湯洗顔と比べて長く洗顔できます。
そういう意味で洗浄力がぬるま湯洗顔より強いとも言う事ができると思います。

そして、サッポー自身がその機能(クッション)を持っていると思うので、
さらにNO.1を使う必要はないかなーと。
また、サッポーを完全に落とそうとはあまり思っていないというのもあるかもしれません。

でも、使っても全く問題ないと思いますし、
サッポーさんのサイトでは、クレンジングの後に洗顔をするのが基本なので、
そういう意味では何かしら使うべきなのかもしれません。


★ なぜクレンジングジェルJかサッポーか、どちらかにしないのか

サッポー:界面活性剤の力を使わないコールドクリーム
シェルシュールクレンジングJ:界面活性剤の力を使った洗浄剤

全然違うクレンジングなので、すっきりしたい度等で使い分けていますが、
基本的にサッポーを使っており、クレンジングJは週に2、3回かな。

あまり使っていないクレンジングJ。そのクセビッグボトル。
DSRの宣伝のためだけに買ってるんじゃないのか?

いや、実は、メインは身体や髪の毛に使ってるんです・・・。
身体も髪の毛もお湯で洗っているので、たまにやさしくリセットしたいんですが、
いろいろ試した結果、これが一番バランスが良くて。
贅沢なんですけど、毎日じゃなくて、ちょいちょいさっぱりしたい時だけですが。

しかしやはりコスパが悪いので、
ボディー&髪用のクレンジングの開発をお願いしております。
ボディー用保湿美容液も合わせて、ラインで作って頂きたいですね。

どんな界面活性剤も、櫻田の肌にはやはり少し強いように感じます。
洗顔にはサッポーのメイク浮かしがやはり一番いい。

最初はこれから入るのがオススメですが、
櫻田は結局クレンジングのみを使い続けています。


なお、本来サッポーのメイク浮かしはその後に界面活性剤(石鹸等)で
洗顔するのが基本的な使い方で、肌の育ちが悪い(=乾燥したり、炎症したりしている)時だけ、
単体で使うとなっていますが、櫻田にとってはそれがデフォです。
長年使って来て、それがベストだと感じています。

メイクや汚れが落ち切っていないという話もあるかもしれませんが、
そもそも、メイクを完全に落とす必要があると思っていませんし、
アイメイクはホホバでほぼ落ちてますし、サッポーのメイク浮かし力は高いですから。

あ、そこじゃない、かな。

何が落ち切ってないって、皮脂膜とかクレンジング剤の油分の一部。
ぬるま湯では落ち切りませんからね。

でも、そもそも根こそぎ皮脂膜を落とす必要はないと思うし、
サッポーのクレンジングは多少残っても問題ないと思います。
まあ、自社製品についてですが、サッポー先生もそう仰っています。
そもそもサッポーのクレンジングは保湿クリーム的処方ですし、
そこに溶けた化粧とか汚れって、もう、誤差の範囲だと櫻田は思っています。

クレンジングクリームが肌に残っても問題ない理由はこちら
http://keananobaka.com/blog-entry-508.html
(サッポー先生とのQ&Aです)

そもそもベースメイクが薄い(特にファンデーション)というのもありますね。


スペシャル保湿:なちゅRe:NO.3 アクアパックレポ


なちゅRe:NO.3パックをする時は、ホホバ+サッポーで必ず止めます。
それ以上の洗浄はパックを落とす時のクレンジング効果で期待できるので。
そして、その後の保湿はモイスチャーマトリックスNを1,2プッシュするだけです。
パックで相当プルプルになるので。NO.2は物足りな過ぎるので使っていません。

NO.3は、保湿しながらも、NO.1以上のクレンジング効果が、
#どちらも大した洗浄効果ではないのですが、でも、あります。
肌にほとんど刺激なく期待できるので、素晴らしいと思います。

これを毎日すれば間違いなく美肌になるんですけどね・・・・←やれ


スペシャル保湿をしない時は、こちらをその時々に合わせて。
セラミドに頑張ってもらって、手抜きをします。

保湿1:
シェルシュール エッセンシャルモイスチャライザーLX
抗酸化のアスタキサンチンや、タイトジャンクションに効くカルシウム、ポスカの効果を期待して。

保湿2:シェルシュール
モイスチャーマトリックスN
朝も夜もとにかく必須!

保湿3:シェルシュール
シーバムクリームW
ほっぺやおでこに不安感を感じるときだけつけます。週に3回くらいかな。
すっきりしたくてクレンジングを強めにすると、シーバムまで必要になるの法則です。
後は、外気が乾燥しているとき、寝不足、体調不良。

なお、シーバムWやワセリンなどの油分は鼻にはつけません。





現状の櫻田のスキンケアは以上です。
1年おきくらいに更新して行きたいと思います。
メイクやお風呂事情も更新しますね。


 - 櫻田のお手入れ