角質培養

角質培養の方法を独断と偏見でまとめています。放置プレイで肌を育てて、毛穴や乾燥肌を克服し、エステ・高級化粧品に頼らない真の美肌を手に入れましょう。女性のナチュラルライフ情報も!

洗顔アイテム

      2015/10/26

Pocket

代表的な洗顔アイテムについて、角質培養的に良い所と悪い所を挙げてみました。


■ 洗顔フォーム

一般的によく使われている洗顔フォーム。
洗浄剤として合成界面活性剤が使われているものが殆ど。
まず共通して良い所は、安くてバリエーションが豊富で、使いやすいこと。

また、合成界面活性剤だからって、即肌に悪い、とは限りません。


・さっぱりタイプ

良:すっきりさっぱりとして気持ちよい。
悪:大抵皮脂を取りすぎ。さっぱりさせるための成分も無駄な上に刺激になりがち。
  そして皮膚の乾燥が進みがち。


・しっとりタイプ

良:洗顔後のピキピキがなく、安心。
悪:しっとりさせるための油分は洗顔料には不要。むしろ油分が残ってNG。


・スクラブ入り

良:肌が一皮剥けてキレイになる(一瞬)。
悪:角質がはがれ、肌が育たず、乾燥しがちな毛穴の目立つ肌になる。


何かと有効成分が入っていても、どうせ流れちゃうから、シンプルなもので良いですよ。
美白成分や、ヒアルロン酸を洗顔料に入れてもムダです。



■ 酵素パウダー

パ○ウォッシュとう名前で高校生の時に大流行しましたが、
貧乏櫻田は購入することができませんでした、えぇ。

何やら酵素の力で黒ずみを溶かして落としてくれるらしいです。
えぇ、つまり軽いピーリングを洗顔の度にやるということです。
大人になってから、何度もやって皮膚を痛めました。。

他にも各社から酵素洗顔剤が出ていますね。

良:肌が一皮剥けてキレになる(一瞬)。
悪:細胞間脂質が溶けて角質がはがれ、肌が育たず、乾燥しがちな毛穴の目立つ肌になる。



■ 石鹸

角質培養派なら一度は試したことがあるのではないのでしょうか。
櫻田も一時期ずっと石鹸洗顔していました。

石鹸も界面活性剤の機能を持ち、その脱脂効果は強いです。
一般的な洗顔フォームよりも、脱脂効果という意味では刺激が強い場合もあります。
ただ、その界面活性の機能は水に薄めるだけでなくなり、安心です。

良:すっきりさっぱり。合成界面活性剤や他成分で刺激を感じる方でも純石鹸なら大丈夫。
  成分は良好です。(何かと入っているものもあるのでご注意。シンプルなものを。)
悪:皮脂を取りすぎて肌が乾燥したり刺激に敏感になってしまうことも。



■ クレイ

土、泥、粘土、であるところの、クレイ。
種類は豊富で、粒子の大小や吸着力の大小で分類されています。
日本で有名なのはガスールですね。

良:黒ずみつまりなどに吸着して毛穴をきれいにする。(櫻田には効きませんでしたが)
悪:こすればスクラブ、皮脂吸着作用も強く刺激が強い。



■ ぬるま湯/お水

水洗顔美肌法というのは、定期的に流行りますね。
水洗顔に拘るよりも、メリットデメリットを把握して、
自分の「今の肌」にはどうするべきなのか考えた方が良いかと思います。

夏場なら、皮脂分泌が盛んな十代なら、多少の界面活性剤による刺激より、
肌の上で酸化した皮脂を取り除いてあげるほうが大切かもしれません。

良:肌に界面活性剤や粒子による刺激がなく、乾燥しない。肌が育つ。
悪:皮脂を取る力が弱いので、酸化した余分な皮脂を十分に落とせない。



次回は、じゃあ私はどの洗顔料を選べばいいんですか?というお話と、
「酸化した皮脂」についてお話ししたいと思います。


 - 角質培養:洗顔