角質培養

角質培養の方法を独断と偏見でまとめています。放置プレイで肌を育てて、毛穴や乾燥肌を克服し、エステ・高級化粧品に頼らない真の美肌を手に入れましょう。女性のナチュラルライフ情報も!

角質培養的洗顔料の選び方

      2015/10/26

Pocket

結論は、人の数だけ適切な洗顔方法がある、なのです。


■ 自分の肌を知る。

これは、「洗顔の考え方」でお話ししていますので、ご参照下さい。
肌の育ち、敏感度、皮脂テカ度。。。さらに、年齢や気候もあると思います。

いろいろな肌の分類の仕方はありますが、あまりそれらに当てはめて「私は乾燥肌」
「私はオイリー」と凝り固まらず、素のままの肌、お手入れ時の反応をよく観察して、
肌と相談しながら、洗顔料も選んで行きましょう。


■ 酸化した皮脂を落とすリスクとメリットを考える。

朝顔を洗ってからお風呂に入るまで、
お風呂を出てから朝顔を洗うまで、

お肌の表面はジワリと皮脂膜でコーティングされて、守られています。
その皮脂膜、時間が経つと汚れが付着し、さらに酸化します。
その酸化した皮脂が肌を刺激して、肌老化の一因となるそうです。

酸化した皮脂、石鹸で根こそぎ落としたくなりますが、ちょっと待って下さい。

メリット:酸化した皮脂を落とすことができる。
リスク :お肌のバリア機能を弱めてしまう。

皮脂を落とすためには、石鹸や洗顔フォームが必要になります。
しかしこれらに入っている「界面活性剤」は、角質層の間の細胞間脂質を溶かし、
角質をはがし、乾燥を招き、バリア機能を弱めてしまいます。

石鹸で洗った後は肌がかぴかぴになっていませんか?
角質が悲鳴を上げています。

また、皮脂は汗と混じりあって天然のクリームとなって肌を覆っています。
これ以上のクオリティのクリームはありません。
それを根こそぎ取ってかぴかぴにして、
人工的なクリームを付ける必要が本当にあるのでしょうか。

さらに、お肌の上の皮脂は汗と混ざりあって特殊な状態になっており、
脂分でありながら、水と混ざりやすい性質を持っています。
それを落とすのに、それほど強い洗浄剤が必要なのでしょうか。

<櫻田の揺れる考察はこちらから>
界面活性剤ってお肌の敵なの味方なの?2
http://keananobaka.com/blog-entry-381.html

肌の強い方、乾燥のない方はそれほど気にされなくても良いかと思いますが、
乾燥肌の方、肌の敏感な方は一度考えて、自分のお肌でいろいろ試してみて下さい。


■ そして、朝と夜とで分けて選ぶ。

朝の洗顔と夜の洗顔は状況が全く違います。
汚れの質も違いますし、お風呂やクレンジングというイベントが朝にはありませんので、
別々に考えてアイテムも選んでみて下さい。


朝)それほど強い洗浄剤が必要なのか?

夜洗顔してから朝起きるまで、メイクもしなければ外気にも触れません。
落とすべきは皮脂と汗。それほど強い洗浄剤が必要だとは思いません。

しっかり落として化粧水パックして、美容液塗って、、、、ではなく、
軽く落とす程度で、肌が自分を潤すのを妨げないようにしてあげたい。

水洗顔。
ぬるま湯洗顔。
洗浄力の弱いクレンジング。
石鹸で短時間の洗顔。

自分のベストをいろいろトライして探してみて下さい。
櫻田は2011年11月現在、サッポーかマルティナのクレンジングがベストかな。

オフィシャルサイト:サッポー

このクレンジングだけは切らしたことがありません!


3,000円弱だと、すぐに売り切れる傾向があります。
現在の楽天最安値を調べる


切らしたことがないとか言いながら、どちらもそれなりのお値段がするので、
ストックが切れるとしばらくぬるま湯洗顔だったりします(笑)


夜)クレンジングとの関連。

 クレンジングの後は洗顔、だからダブル洗顔が大切。
 クレンジングはメイクを落とし、洗顔では汚れを落とす。

誰がそんなことを決めたのでしょうか?
クレンジングと洗顔料と、アイテムを沢山作って売りたい化粧品会社です。

油性の汚れが落ちるクレンジングなら、水性の汚れだって落ちます。
石鹸ですっきりさっぱりさせる必要はないと思います。
2度洗うということは、2度刺激を与えてしまうことになるのですから。

しかし、クレンジング剤によっては、それ自体を肌に置いたままでは
良くない成分が含まれていることがあると思います。
ですので、ダブル洗顔不要のものを選ぶのも一つの方法だと思います。

一つ注意して頂きたい点は、ダブル洗顔不要のクレンジングには2種類あって、
強力な界面活性剤がたっぷり含まれているからダブル洗顔不要のもの(大抵安い)と、
むやみにに界面活性剤を肌に使用すべきではない、というポリシーの元、
ダブル洗顔不要としているものとがあります。

クレンジングのお話しになってしまいましたが、値段やパッケージのかわいさ、
無添加・無香料等の謳い文句に惑わされず、洗顔料を選んでみて下さい。

ま、これまたサッポーなんですけどね。櫻田が愛用しているのは。


夜)シャンプー&リンスとの関連。

合成シャンプー&リンス(ラッ○スとか、TSUBA○Iとか。)をお使いの方は、
シンプルな石鹸等、洗浄力あるものを使いましょう。

シャンプーとリンスには、様々な成分(肌には迷惑な成分)が含まれているので、
それを肌に残しておくのはあまりおすすめできません。
もしかしたら額や背中のニキビの原因になっているかもしれません。

石鹸シャンプー&クエン酸や酢リンスをお使いの方なら、
顔を洗う必要はないと思います。頭皮から垂れてくる石鹸で顔は洗えてますから。

石鹸シャンプー派でも、何か栄養分のあるトリートメントを
(例え成分良好なオーブリー等でも)お使いなら、
その成分は石鹸等で落としておいた方が良いと思います。
トリートメント後に軽く洗顔をしたほうが良いと思います。

成分良好なら良い、と思うかもしれませんし、大丈夫な方もおられると思いますが、
櫻田はオーブリーのトリートメントをするとニキビが出やすくなるので。


■ 結論は、人それぞれ。(←つまらない。。)

水洗顔をすると肌がきれいになる人もいるし、
洗顔フォームから石鹸に変えたらキレイになる人もいるし、
石鹸にしたら肌が荒れる人もいるし、
オーガニックで吹き出物が出る人もいるし、
スクラブでごしごし洗ってもキレイな肌を維持できる人もいます。

この洗顔方法が絶対正しいというのはないと思うし、
そういったキャッチコピーの化粧品会社は敬遠します。
むしろ、こういう時はうちの製品の使用はやめて、
薬局で買えるワセリンを付けた方がいい、
そんなことを言っちゃえる化粧品会社を信用します。

角質培養を始めて以来、そんなことを言っちゃうサッポーを愛用していますが、
これが皆さまにも良いとは、全く限りません。

分かりやすいハウツー、万人に絶対おすすめの商品があった方が、
とっつきやすいとは思いますが、お肌にとっての正解は十人十色なのです。


ということで、ご自分のお肌と相談してみて下さい!


 - 角質培養:洗顔