角質培養

角質培養の方法を独断と偏見でまとめています。放置プレイで肌を育てて、毛穴や乾燥肌を克服し、エステ・高級化粧品に頼らない真の美肌を手に入れましょう。女性のナチュラルライフ情報も!

お肌を保湿し過ぎることは悪いこと?その1

      2015/10/26


長々と展開してきた保湿シリーズ。
本当は3回で終わるはずだったのに、もう、いつまで続くか分からなくなってきました。
まるで、結末を引っ張る連ドラのように。。。すんません。

で、保湿のし過ぎも、例えばこんなふうに場合分けできるかなと思います。

 水分の与え過ぎ
 油分の与え過ぎ
 保湿成分の与えすぎ

ということで、3つの場合に分けて、長々とダラダラと語って参りたいと思います。
ガツガツ書いていたら長くなりすぎたので、今日は水分と油分の与え過ぎ、について。


■ 「水分」の与え過ぎ

化粧水のコットンパックなどでお肌を潤す方法などが代表的な与え過ぎ。
もう何度も言い過ぎたので耳タコだと思いますが、
いくらお肌にお水を与えても意味がありません。(化粧水は殆ど水です)

さらに、こんなデメリットもあるんです。

 角質層がふやけて肌バリアが弱くなるので、刺激を受けやすく乾燥しやすくなる。

放っておけば元に戻りますけど、それを繰り返すことがお肌の負担になっているかも。
お風呂に入りすぎて皮膚がふやけた後って、肌が乾燥しやすくなっていたりしません?

その昔化粧水パックをやっていた頃、直後は肌がもちもちで、何も疑っていませんでした。
角質層を水浸しにすれば、角層が水分を含んで一時的にふくらむのでモチモチになりますが、
同時にそこにもとからある保湿成分も抜けてしまう場合も。。。

そして、十分な「保湿成分」のない角質層は、乾燥した外気に触れると水分は蒸発し。。
化粧水によく入っている保湿成分、グリセリンなんかは、外気の湿度に左右されやすいですし。

あと、良く聞くのが、、、

 バリアをいったん弱くすることで、有効成分をより深く入れ込むことができる。

角質層のバリア機能を弱めて効果があるのは、表皮まで。表皮の下にある、
落ちないシミや肌の弾力・ハリなんかと関係のある真皮層の間には、
基底層という強力な層がありますから、ふやかした程度じゃほとんど意味なし!
と、櫻田は思っています。

baiyo_moshiki1.gif
角質層をふやかせば、 バリアが落ちていろんな成分が入り込みやすくなります。
そうするだけの価値がある成分なら、そうしても良いのかもしれません。でも、、

 そもそも、肌は栄養を吸収する器官ではなく、排泄する器官です。

有効成分を角質層に届けることは、確かに何かの意味があるんだと思いますよ。
でも、科学的にどうなのか確証は全くありませんが、

「最新のバイオテクノロジーに基づいた画期的な成分」より、
「肌が本来持つ力を妨げないこと」の方が、

安いし、変な成分とか、お手入れ中の物理的な刺激とか、そういう弊害がない。

そんなテクノロジーが本当に肌をきれいにしてくれるなら、
もうとっくに私もあなたも美肌シスターズになってたはずですから。
いろいろ買って来ましたよね?お高い高機能最新鋭コスメ☆

あぁ、ムダ死にした諭吉達よ!
(とか言いながら、1万円5千円以上のクリームは買ったことがない。)

肌に負担がかからないように、フトコロに負担がかからないように、
冷静な判断で「高機能」スキンケア商品を楽しんで下さいね☆


■ 「油分」の与え過ぎ

油分は皮脂膜として肌を保護し、さらにその油分が角質層の隙間にしみこみ、
余分な角質細胞がたやすくはがれ落ちないようにしてくれます。
角質培養的にも、油分=皮脂膜はとても大切な役割を担っているわけです。
そして、皮脂膜が均一になじんだ肌は、滑らかお肌になるわけです。

油分って大切ですね☆

ところで、栄養分たっぷり「オイル美容」的キャッチコピーの元に、
ホホバオイルやオリーブ油これ一本でOK的なスキンケア情報があったりしますが、
櫻田は、万人にはなかなか合わないんじゃないかなぁ、と思っております。
特に櫻田は、皮脂分泌が盛んなので、そう思ってしまうからかもしれません。

なぜなら、

1.油分は強い「表面張力」がある→毛穴に詰まりやすい。

 脂性の皮膚では表面の皮脂膜が厚くなっているため、
 その表面張力の関係で毛孔から皮脂が皮膚表面に広がりにくくなっている。
 そうすると、皮脂が毛孔の中に詰まってくる。

 こうして皮脂が毛孔の中に詰まったものをコメドと言う。
 また、この状態が酒さのはじまりであることがある。

「美容のヒフ科学」安田利顕著 より

あんまりたっぷり皮脂があると、毛穴が詰まりやすいよ、という、
経験的に私達が知っていることを、ちょっと小難しく解説してあるまでです。


2.油分は酸化するという性質を持っています→肌に刺激。

どんなに「酸化しにくい」と謳っていても、酸化するモンは酸化します。
過酸化脂質となり、肌を刺激する気マンマンでギラついてます。
皮脂過剰な部分が、炎症しやすい理由の一つです。

いろんな化粧品やらシャンプーやらの宣伝に使われ過ぎ、
老化という言葉と共に、消費者を脅している過剰な表現も見受けられますが。。

さらに、油分はベタベタとしているので、ホコリやゴミを吸着しやすい。
これもまた、肌を刺激する要因となり、黒ずんだり汚い角栓の原因にもなります。


3.油分が保湿に貢献する割合は低い。

約2%でしたよね…

皮脂分泌が少ない人、は補う必要があると思いますが、
水分が足りていないが、皮脂分泌はある、いわゆるインナードライの方は、
ちょっと扱いに注意した方が良いかなと思います。

重ねて、肌は栄養を吸収する器官ではなく、排泄する器官です。

「栄養分たっぷり」的な表現に、あまり流されないようにするのが得策かと。
その昔基礎化粧品が「栄養クリーム」と表現されていたところ、
消費者の誤解を招くということで、禁止されたという歴史もありますしね。


油分は悪者ではありませんが、扱いが難しい。
何事もほどほど、が肝心です!


次回は超大作(笑)、「保湿成分の与えすぎ」の是非について長々と語らせて下さい。


 - 角質培養:保湿