角質培養

角質培養の方法を独断と偏見でまとめています。放置プレイで肌を育てて、毛穴や乾燥肌を克服し、エステ・高級化粧品に頼らない真の美肌を手に入れましょう。女性のナチュラルライフ情報も!

角質培養的☆紫外線対策 序章・目次

      2015/10/26


紫外線が肌に悪いというのは、日焼け止めを売りたい化粧品会社の思惑もあり、
お肌を気にする女子の共通認識になっていますよね。

その化粧品会社の日焼け止めを買って塗れば済む話な気もするんですが、
このブログを読んで下さる方は、きっとこう思っているはず。

「紫外線はどうしてこうも私を悩ませるのだろう。。」

紫外線は肌を老化させ、毛穴、シミ、シワ等のトラブルを引き起こす憎い敵。
一方、紫外線対策としての日焼け止めは、防御する力が強ければ強い程、
肌に負担を強いてしまいます。

ゆえに、必要もないのに過度の紫外線対策をしている場合は、
肌が荒れて角質が育つどころか剥がれてしまい、角質培養台無し。

一方、強い日焼け止めを塗らなくてはいけないのに、
成分良好にとらわれて紫外線対策が十分ではない場合、肌は劣化します。
こちらも角質培養台無し、良い角質層が育ちませんから。

バランスが難しくてさらに良く分からないから、私たちを悩ませるんですね。

日焼け止めのダメージと、紫外線のダメージと、
その総和が最も小さくなる「紫外線対策ベストバランス」
を見つけることができれば、悩むこともなくなるはず。

それは、季節、時間、場所によって変わり、
そして各々の肌の性質によっても変わって来ます。

だから、紫外線を知り、日焼け止め、及びそれ以外の紫外線対策を知り、
自分の肌を知ることが必要です。

そこを徹底的にお話していくのが、この紫外線対策シリーズです。



ところで、最も肌に負担をかけず紫外線を防ぐ方法は、家から出ないか、
家を出るときはフルフェイスのヘルメットを被ることです。
(イスラム女性が顔を隠すアレでも可)

そんな極端な人はいないと思いますが、
しかしそれに近い全身黒子状態の方はたまに見かけます。
(櫻田もたまに変身。そんな自分をダースベーダーと呼んでおります。)

こちらも要はバランスです。
紫外線対策をして得られるメリットと、
そのような格好をすることで失うものと。

大げさですが、自分の人生の優先順位を考えて、
その格好をする方が良いと判断すればそれでいいんです。
しっかり勉強して、しっかり悩んだ後は、ばっさりと割り切りましょう♪

これから、角質培養的☆紫外線対策についてお話しして行きますが、
このページが目次になるよう、記事をアップする度にリンクを張って行きます。
多分大幅に変わって行くと思いますが、ご了承くださいませ。

・ 紫外線とは何か
・ 紫外線はどうして肌に悪いのか
・ 紫外線はいつ・どこで対策すべきなのか
・ 紫外線はどう対策すべきなのか
・ 日焼け止めはどうして肌に悪いのか
・ 日焼け止めの種類あれこれ
・ 日焼け止めの選び方
・ 日焼け止め以外の紫外線対策法あれこれ


 - 角質培養:紫外線対策