角質培養

角質培養の方法を独断と偏見でまとめています。放置プレイで肌を育てて、毛穴や乾燥肌を克服し、エステ・高級化粧品に頼らない真の美肌を手に入れましょう。女性のナチュラルライフ情報も!

紫外線とは何か・その恐ろしいダメージとは2

      2015/10/26

Pocket

はい、前回は紫外線がいつの間にか肌にダメージを与え続けている、
慢性的な細胞の破壊についてお話ししました。

直接的:紫外線が直接細胞を破壊して肌を老化させる
    →急激な細胞の破壊(UVB・赤くなって黒くなって剥がれる)
    →慢性的な細胞の破壊(UVA・じわじわシワ・タルミ・くすみ)

間接的:その紫外線から肌を守ろうとして肌が汚くなる
    →(色が黒くなる、シミ、乾燥、ゴワゴワ、くすみ等)

今回は、急激な細胞の破壊、と、
そんな紫外線のダメージから肌を守ろうとして肌がダメになっていく過程を、
さっくりとお話ししたいと思います☆

前回は長過ぎましたからねw


■ 急激に細胞を破壊する紫外線(UVB)

これは、ビーチで無防備に直射日光を浴び、肌が赤くなって熱を帯び、
ヒリヒリするような日焼けのことを指し、医学的には日光皮膚炎と呼びます。
肌の自己防衛能力では対応できず、火傷のような大きなダメージを受けます。

角質細胞とか言ってる場合じゃない、緊急事態が起こります。
皮膚ガンにも発展しかねません。

UVBは浴び続けると真皮乳頭部の毛細血管が充血を起こして赤くなり、
細胞組織が直接的に損傷を受け、ヒリヒリと痛みを感じるようになります。
また、皮膚に対する刺激はUVAより強く、皮膚ガンの原因にもなります。

充血が引き、赤みが引く頃には肌が小麦色に変化し、
しばらくすると皮がむけて色素沈着を残して(涙)治癒します。

こちらは1のUVAによるジワジワ日焼けより、分かりやすいので防ぎやすいから、
いい歳してこんな日焼けをすることはないですよねっ!
(櫻田はつい先日、夏フェスでやりました。激しく後悔。)


■ その紫外線から肌を守ろうとして肌が汚くなる
 
紫外線は細胞のDNAまでも破壊する、生命体にとっての脅威です。
また、即時的に肌を火傷状態にさせてしまうほどの威力を持ちます。
(ということを、グダグダ説明して来ました。)

だから、紫外線から身体を守ろうと、肌はいろいろな防御をします。

・メラニン色素を生成し紫外線を吸収する。(日焼け)
・角質層を分厚くし、紫外線を反射しようとする。(ごわごわ)
→その結果としての、乾燥 シミ

こちらも順を追って説明してみます。


・メラニン色素を生成し紫外線を吸収する。(日焼け)

日焼けには2種類あります。

 サンバーン(UVB・表皮・SPF値) 肌が火傷したようになる
 サンタン(UVA・真皮・PA値)肌がじわっと色黒になる

UVBによるサンバーンは先ほどご説明しました。
急性的な肌の炎症に伴うメラニン色素の活性化による日焼けです。

UVAによるサンタンは、前回ご説明した、気づかないうちに浴び続け、
じわじわとメラニン色素によって黒くなっていく日焼けです。

なぜ色が黒くなるかというと、表皮の一番下にある「メラノサイト」から、
紫外線を吸収するメラニン色素が分泌されて、細胞が黒っぽくなるからです。
その下の真皮層を紫外線から守ろうとする肌の防衛機能です。


・角質層を分厚くし、紫外線を反射しようとする(ごわごわ)

また、角質層を分厚くすることによっても、太陽光線を反射しようとします。
キレイで透明感のある角質層より、ごわごわして曇った角質の方が反射するでしょ?

このように、角質層には、紫外線を反射して肌を守る機能をもっています。
だから、日焼けをしてしまうと、肌がゴワゴワになり、
透明感も損なわれてしまうんですね。


・乾燥 シミ

さらに、角質層の間の水分、細胞間脂質、NMFも紫外線を吸収します。
だから水分が不足してお肌が乾燥するようになってしまいます。

さらに、紫外線の危機が去れば、メラノサイトの活動は徐々に収まり、
表皮中のメラニン色素も減って行きますが、
メラニンがきちんと新陳代謝の波に乗って表面へ押し出されず、
真皮に落ちてしまうことがあり、
これが「消せないシミ」となってしまうこともあります。

また、紫外線は弱まったのにメラニン色素を多量に生成し続ける部位があると、
こちらもシミが点々と部分的に残ってしまうことになります。


紫外線、あぁ、紫外線、紫外線。 コエーッ。
一句詠んでる場合じゃないですね。


紫外線の恐怖が理解できたところで、
角質培養的に○な紫外線対策を考えて行きたいと思います。


 - 角質培養:紫外線対策