角質培養

角質培養の方法を独断と偏見でまとめています。放置プレイで肌を育てて、毛穴や乾燥肌を克服し、エステ・高級化粧品に頼らない真の美肌を手に入れましょう。女性のナチュラルライフ情報も!

月経血コントロールはゆる体操で★「女は毎月生まれかわる」高岡英夫,三砂ちづる

   

Pocket

今月はもっとコントロールに上達するぞ!と鼻息荒くしてたんですが、今月はイマイチちゃんと来なそう(月経血量が極端に少ない)・・・と意気消沈の櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

#男性の方、角質培養でいらっしゃってる方、関係のないお話しでごめんなさい。

(ちなみに、持病というか体質というかで、きちんと来ない時がしばしばあるんですが、病院に通っていましたがしょうがないと言われて、たまに気にしつつ放ってます。)

月経血コントロールのハウツー本にある「ゆる体操」とは?

さて、月経血コントロールのハウツー本はないかなと探したら、ありました!

maitsukiumarekawaru
・月経血コントロールの概要説明
・「月経血コントロール」ゆる体操のイラスト付きマニュアル
・三砂先生の月経血コントロール論
・高岡さんの月経血コントロールとセンター理論
・体験談等

といった構成です。月経血コントロールに興味があるなら、オニババ本よりもこちらが断然オススメです。

「オニババ化する女たち」三砂ちづる★身体知としての月経血コントロール 

 

三砂先生と、「ゆる体操」で有名な高岡英夫さんという方の共著です。三砂先生のお墨付きなら信頼できそう♪

ゆる体操?→「ゆる体操とは
どんな体操?→「ゆる体操の例


武道家で運動科学総合研究所の所長、ご自身が開発された「ゆる体操」を広める活動をされているようです。著書も多数。



どのような方で、何を目指していらっしゃるのかは、これをいくつか読むと概要が掴めると思います。

高岡英夫の著書はしがき一覧

すみません、ちょっと宗教がかっている感じがして、正直最初は怪しい方だな・・・と思っていたのですが、読んでるうちにかなり洗脳されて来ました(笑)

筋肉を鍛えるよりも「からだをゆるめる?」

三砂先生の著書「オニババ化する女たち」の、

「きもの」と「正座」は、からだをゆるめて骨盤底を引き上げ、身体の中心軸を作るような日常的トレーニングだったが、その生活様式が失われたことで、月経血コントロールに必要な「身体知」を失ってしまった。

・「オニババ化する女たち」三砂ちづる★身体知としての月経血コントロール

という内容からすると、トレーニングは、

・身体をゆるめる
・身体の中心軸を作る
・骨盤底筋を鍛える

の3本立て思っていましたが、もう、圧倒的に「身体をゆるめる」がメインで、最初は違和感を感じました。

しかし、ゆる体操で骨盤底筋は鍛えられるそう。

kotsuban
また、月経血コントロールを続けることが、身体の中心軸を作り、そして中心軸ができるとのこと。それは、身体だけでなく精神的にも大切な素晴らしいことだと説かれています。

センターが形成されると生き方もかわる!とか、この手の本にありがちな表現も散見されるので、はしがき一覧に違和感を覚えた方は、ゆる体操のマニュアル部分のみ参考にされた方がよろしいかと思います。

マインドフルネス瞑想にも通じる「集中とリラックスの同時達成」

また、最近ハマっている「マインドフルネス瞑想」にも、「ゆる体操」はどこか通じるところがある気がして、これは素直に受け入れてやってみたらどうだろう?と思うようになりました。

最近の心理学が人の最高の能力を発揮するための前提として明らかにした、コンセントレーションとリラクセーションの同時達成が、「ゆる」によっていとも容易かつ確実に実現できてしまうことの、それが科学的実証であったからです。
高岡英夫の著書はしがき一覧より

あぁ、これって「集中しているけれどリラックスしている」という、マインドフルネス瞑想と同じだって思って。

40歳で習い始めたチェロも、余計な部分に力が入っていることを良く指摘されるし、自分自身、日常生活の中で、身体だけでなく心も、無駄にこわばっていることに気付くことが多くて。

これはやってみる価値がありそう!

ゆる体操は本を買わなくてもできる

月経血コントロールのためのゆる体操プログラムについては、この本を買う必要があります。
が、基本的なゆる体操については、ネットでオフィシャルにパンフレットが(札)として配布されています。

ゆる札

まずはこれをプリントアウトして1ヶ月くらいやってみようかと思います。

なんだか、目的が月経血コントロールだけではなく、全身の健康そのもの、ゆる体操自身になって来て、内容がどんどん「健康ブログ」的になって来ましたが、月経血コントロールについては、こちらのブログで記事を書かせて下さいませ。

 - 月経血コントロール